ハイドロキノンの副作用

ベビ待ち推進happy blog > 美容コスメ > ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンの副作用

シミに対する効果がとても高いハイドロキノンは、メラニン色素を抑制する働きを持っている。そのため、肌の美白漂白剤と言われるほど美しく綺麗な肌を取り戻すことができる。しかし、ハイドロキノンには副作用があるため、肌荒れを招かないように正しく使用する必要がある。

 

ハイドロキノンの正しい使用法は、1日1回、もしくは朝と晩の2回が最適で妊娠中は使用してはいけない。また、使用する際は顔全体に塗るのではなく、綿棒を使いスポット的に塗ると肌荒れなどのトラブルも防ぐことができる。

 

あわせて、トレチノインというピーリング剤を使うとより効果を発揮できます。しかしながら、ハイドロキノンは普通に市販されていますが、トレチノインは医薬指定成分を配合しているため、市販はされていません。そのため、トレチノインは個人輸入代行で通販する方法にて購入する必要があります。



関連記事

  1. 慢性の便秘に困ってやった事
  2. ハイドロキノンの副作用
  3. 赤ちゃんにも使える無添加のシャンプー
  4. バリ気分でヘッドスパ